ハゲでもモテる!彼女を作る簡単で確実な方法

ハゲはモテないというのが一般的な見解です。

しかし髪に悩む男性は多いと思います。

朝洗面所の鏡を見ると「あぁまた薄くなった」「デコが広くなった」「つむじの部分がやたら目立つ」などなど

実際薄い髪を見ると女性の意見としては「ないわぁ」というのが実直な話。

そんなハゲでも彼女を作ることができます。モテることだったあります。

そのためには多少覚悟を決める必要はありますが、今の世間から見えればイージーモード。

コンプレックスの悩みを解消しつつ、自分のタイプの彼女を見つけることはできます。

私もハゲですが思い切って坊主にしたところ急にモテはじめました。髪のコンプレックスもなくなり人生楽しくなっています。

ハゲがモテない彼女できない理由は不潔、年寄り、見苦しい

ハゲがモテない、彼女ができにくい理由は髪の毛の中途半端なポジションが見苦しい、不潔、お父さんを連想させるというネガティブなりゆうからです。

多くの女性に話を聞いてみたのですが「中途半端に頑張ってるのは認めるけど女々しい」

別れた彼女のメールアドレスと電話番号をずっと持って、いつ連絡きても大丈夫という微妙にキモいということです。

女性はハゲでもいいみたいなのです、ただ女々しく中途半端なハゲが嫌という人が多く、いっそのこと坊主にすればいいじゃないの??なんで??

言われてみればまぁそうだよねというところ。

ハゲが彼女を作るのであればいっそのこと坊主にする

1990年台2000代の場合はまだ坊主は一般的じゃなく坊主=住職というネガティブなイメージが先行していました。

しかしお笑い芸人の松本人志さんを筆頭に、市原海老蔵さん、渡辺謙さんなど、坊主でもイケてる人が増えたことによって坊主でもおしゃれというイメージがつくようになりました。

意外と坊主というのはイメージが良く、「清潔感がある」というのがぶっちぎり。

中途半端にハゲを隠すくらいなら坊主の方が良い、実際坊主思い切ってイメチェンした友人もはじめこそ驚かれていましたが、今では坊主キャラが定着し、今の方が似合っているというくらいです。

ただの坊主だと住職なので眉毛がヒゲメガネや小物でおしゃれに

坊主というのはいいけど自分がやったらどみても住職になってしまうという心配があると思います。

確かにそのまま今の状態で坊主にすると出家信者みたいな感じが抜け出せません。

ここで重要なのが眉毛を整える、ヒゲを生やす、メガネをおしゃれにする、帽子にこだわる、スカーフで視線を胸元に注目させる

といった小物やちょっとしたメンテナンスによって坊主でもおしゃれに見せることが可能です。

マッチングアプリで自分の画像をアップするなら帽子をかぶってオシャレ感をアップすればいい感じですよ。

ハゲでも坊主、筋トレ、日焼けでモテる彼女も作りやすい

色白の坊主だと住職、出家信者感は否めませんが、体を軽く小麦色にして筋肉をつけることによって見た目もおしゃれな坊主の出来上がりです。

筋肉をつけるのは時間がかかりますが日焼けは日焼けサロンで焼けばいいだけだから簡単。

健康的な小麦色の肌になると坊主の見栄えも良くなりオシャレ度がアップします。

ハゲをネタにすればモテる

坊主にした場合女性からなんで坊主にしたの??と質問されることはあります。

そんなときは「いやー俺ハゲちゃって見苦しいから坊主にしちゃったよでも今の方がいいでしょ?」とにこやかに返答してみると意外と評価は高くなります。

コンプレックスも笑って解決できるたくましい人と女性は良いイメージを持ってくれます。

災い転じて福となす

こだわりを捨てれば拾えるものもあるものです。

坊主が嫌ならAGA治療で地道に頑張るのもあり

どうしても今の自分の髪を復活させたいという人も多いと思います。

希望があるならそれを捨てたくないという気持ちもわからなくはありません。

AGA治療によって髪が再生したという結果も多くありますから、お金と地道な努力、継続力がある方はAGA治療をされてみるのをおすすめします。

育毛剤は正直おすすめできません。

ハゲはNGという女性一定はいるのでそういった人は無視して心の自衛を取る

ハゲは絶対いや、坊主なんてありえない、髪が薄い人との子供はハゲになるからNG。

そんな選民主義、根っこからハゲを全面否定する血も涙もへったくれもない女性は一定数存在します。

そんな人にいくらアピールしても暖簾に腕押し、馬耳東風、むしろ自分が罵倒され傷つくだけです。

ハゲが嫌な人もいればデブが嫌な人もおり、いちいち傷つく必要はありません。

見たくれしかこだわれない最低糞ビッチがと心の中でつばを吐きかけてやればいいだけです。

ハゲから彼女ができないという心理的な鎖を解くためにも女性との場数を増やす

自分はハゲだから彼女ができないんだ…とい自縄自縛な心理状態になっていませんか?

ハゲは需要がないといって極端に女性とのコミュニケーションを回避されているとハゲ以前の問題のコミュニケーション苦手状態になってしまいます。

それではいくら性格が良くても容姿が良くても、賃貸物件なのに広告が一切乗ってない状態で「誰も借り手がいないなぁ」と嘆くオーナーのような状態といっていいでしょう。

女性から自分に対してアプローチしてくれるのはまずありえません。

女性に慣れる、いろいろな女性のタイプを知る上でも場数を踏むことをおすすめします。

例えそれが傷つくことがあってもです。

自動車免許取得で凹んだときを思い出してください、それくらいの凹みと思えばいいだけです。

  • 趣味系の街コンに参加
  • 趣味系の婚活パーティーに参加
  • 各種オフ会
  • 異業種交流会

リアルで合うなら上記がおすすめです。特に趣味系の街コンや婚活は話が弾みやすいので気楽に話せますし、なによりスマホで盛っていない素の顔を見ることができるのがメリットでしょう。

デメリットとしていちいち出かけるのが面倒、多少のコミュ力が必要という点、お金と時間もかかります。

ハゲで彼女を作る簡単な方法はマッチングアプリ

どうしても社会人だと時間も限られてますし、気力もなかなかチャージすることも難しいものです。

女性も同様で、社会人で彼氏を作るのってこんなにも難しいのか…と悩む人も多いようで。

大抵結婚早い人は大学からのお付き合いからそのままゴール。社会人になって別れた人はそのままアラサーなんてことも。

そんなお互い忙しい身で気軽の出会えるのがマッチングアプリです。

iOSやAndroidで一度審査しているアプリなので信頼性も昔の出会い系より200%向上し、テレビやラジオでもマッチングアプリは今では恋愛ツールとして根付いています。

対人に自信をつける、ハゲでも大丈夫なんだというコンプレックスからの脱却にも効果的です。

まとめ

ハゲだからといって極端にコンプレックスを持つ必要はありません。

「最悪坊主にすりゃいいや」

くらいの気持ちと自信を持てれば彼女を作るのは容易です。AGA治療も最近では高い効果を発揮していますし、昔よりもハードルは下がっています。

重要なのは自分に自信を持ち積極性を持つこと。

この2さえクリアできればあとは時間の問題です。