低所得でも彼女を作る方法金がなくても恋愛はできます

テレビやネットの情報を見ていると

「お金が少ない男性低所得の男性は付き合うには論外」

という意見が多数流れています。

就職もしており、しかしながら年収が300万円以下

これでは彼女なんて作るなんてもってのほか。

やはり低所得男性はそれだけ実力がないということで、彼女を作る資格はないと考えていませんか?

過去30年において日本の賃金はほとんど上昇しておらず、物価だけ高くなっているのが現状。

日本の1%程度の上級国民は確かに収入は上がっているかもしれません。

しかし、大多数の日本人男性は所属は低下しており300万以下の年収で暮らしているという方は増えています。

低所得だから彼女が作ることはできないと考えるのは今の時代においてはおかしい話。

普通に彼女を作るということはそんなに難しくはありません。

むしろ女性の方が所得は低下しており、金銭感覚も同じような方、価値観が同じような人は増えています。

同じような価値観、金銭感覚の人が見つかればきっと楽しい毎日になるはずです。

そんな同じような価値観を持つ女性、彼女の作り方について紹介します。

コンプレックスでも彼女もセフレもできるモテサイクル加速する方法はこちら

低所得でも彼女はできる今も昔もお金がなくてもモテる人はモテている

お金があるということは、つまりそれだけ稼ぐ力がある甲斐性があるということで一つの男性の優れているバロメーターの物差しと言っていいでしょう。

昔であれば狩りができるとか、手先が器用だとかといったスキルが男性にとって必要な能力でした。

今の時代、一番わかりやすいのは所得が多い=男性として実力があるということになります。

ただ、お金が稼げるだけというのは男性の力ではありません。

今でも役者志望の男性やバンドマンなど30代を過ぎても年収150万にも届かないような人でも、彼女がいて、それを親身に支えてくれる人がいるというのも事実です。

ですから、そのような、所得が低くても付き合える女性を見つけるということが重要ではその方法について紹介します。

関連記事:不細工でも彼女作る方法

低所得な現状を卑屈にならずに頑張っているということを外部にアピールする

バンドマンや役者で触れない人がモテているのも、夢を語る力、将来性があるかもしれないという自分も持っている人。

そして向上心がある人というのは、女性は胸にキュンとくる存在のようです。

女性には母性本能というものがあり、この人を支えてあげよう、たとえダメでも、というようなダメな人間に対してわかっていても手を差し伸べてあげざるを得ないような性格の人も結構います。

関連記事:ハゲでも彼女作るモテる!簡単で確実な方法は坊主が良い

傍から見たらこんなダメな人を別れればいいじゃないのと思うかもしれませんが、自分が苦労して彼氏をプロデュースしてあげる育ててあげるのに、美徳を感じている、それが幸せという女性も少なくありません。

お互いウィンウィンの関係なのです。

ですからそんな女性を見つけるためにも、所得が低くても現状を頑張っているアピールというのを頭の片隅もしくは人と話すとき、SNSで発信する時も常に述べるようにしてみましょう。

関連記事:ニキビ顔彼女できない肌がクレーターでも彼女を作る簡単な方法

言葉は行動につながり、行動は結果に繋がります。

誰も損はしませんし、もしかしたら所得が上がる可能性もあります。

やってみて損はありません

低所得だからと卑屈にならない

所得が低い自分に余裕がないと、誰かに対して当たりたくなるのは人間の心情ではないでしょうか。

なんでこんなに上手くいかないんだろう、これはきっと世間が悪い政治が悪いタイミングが悪いと愚痴を言いたくなってしまいますよね。

これを人に向けて言うということは、ネガティブな言葉は自分に返ってきます。

言霊という言葉があるように、人を呪わば穴二つ。

自分に返ってきてしまいます。

卑屈な言葉は胸の中にしまっておく、王様の耳はロバの耳のように自分だけの空間で吐き出すようにしましょう。

くれぐれも人に当たるSNSで書く掲示板に書くようなことはしないように。

関連記事:ちびデブでも彼女を作る方法タイプの女性と付き合えたコツ

子煩悩同じ女性を見つけるためにも、場数を踏む

ネットとかテレビの話では所得は絶対必要という女性の意見が多数かもしれません。

これはマスメディアが面白可笑しくするためのひとつのピックアップということが多く挙げられます。

確かに生活していく上、そしてこれからの生活未来のためにもお金は必要ですが、そこまでお金お金必要なのかと疑問に思う女性の方が実は多かったりします。

ピックアップしてるのは実は2割

お金がねっても普通に一緒にご飯を食べて映画でも休日見れればいいなぁというそこまで望んでない女性の方が大半です。

ですが、マスコミではそれはつまらない意見なので取り上げられていません。

低所得でも彼女を作りやすい環境は趣味系の出会いやマッチングアプリ

多くの女性と話してみましたが、休日何してるというと一緒にご飯食べてDVD見てるのが一番幸せ、たまに旅行に行けたらいいなーくらいがほとんどでした。

では、このような女性を見つけるためにはどうすればいいのかについて紹介します

コンプレックスでも彼女もセフレもできるモテサイクル加速する方法はこちら

婚活パーティーは地雷が多いので危険

結婚前提にパートナーを見つける婚活パーティーですが、地雷が多いです。

特にこのような人達は収入ありきで出会いを求めている人が多いので、低所得者に対してはとても冷たい目を向けてきます。

私も年収が低い頃に行きましたが、犬を見るような目というか家畜以下の目線で話されとても傷つきました。

8割の女性がこのような女なので、しばらく女性不信になってしまい、女って怖いなぁと半年間ぐらいへこんだこともあります。

関連記事:ワキガでも彼女を作る確実な方法成功例あり

オススメは趣味の街コン

趣味関係が似たり寄ったりの街コンが各自治体で開催されていることがあるのでマメにチェックしてみるといいです。

ただし、自分以外のライバルも多数いるので、トーク力身嗜み気遣いなど色々なスキルが必要となり、自分のペースで女性を見つけるのは少し難しいというのがデメリットでした

自分のペースで見つけるなら、マッチングアプリがオススメ

マッチングアプリの使い方としては、賃貸選びや就職活動する時の会社選びのような使い方と割り切った方が出会える確率は高くなります。

初めてこそ一本釣りで頑張っていましたが、時間もお金もかかってしまい、しかも会おうと言った矢先にドタキャンくらってとても凹みました。

そうならないためにも、複数の女性を相手しながら自分の自己アピールを、夢に向かって頑張っている、将来的にももっと所得を増やすために勉強中

というようなアピールを入れながら家庭的な女性を探すというやり方をとってみると、半年でだいたい6人ぐらい、月1回のペースで会うことができます。

街コンや婚活パーティーに参加するよりも、お金はかかりません。

必要なのは少し魂の入ったプロフィール文章と少し盛った画像を使うこと。

この手間で片手まで松屋で飯を食っている最中や、少し仕事をサボって便所で運行している最中でも彼女探しができます

コンプレックスでも彼女もセフレもできるモテサイクル加速する方法はこちら

低所得でも彼女を作る方法まとめ

所得は少なくても、今の時代少ないのは当たり前

所得が多いのは確かに男性としての甲斐性はあるけど、それ以外でアピールすればいいだけ

夢に向かっている今でも勉強している努力しているという点をアピールすれば、女性は評価してくれる

お金はそれほど必要じゃないというような一般的に普通の感性を持つ女性と出会う、場数を増やす。

結局のところ、子煩悩な女性を探すためにも、場数を踏む女性と知り合う機会を増やすことは必要となってきます。

今の時代、スマートフォンの台頭によりマッチングアプリという素晴らしいツールができているので、出会う確率は遥かに高くなっています、年収200万切るようなフリーターでも1年に30人ぐらい会っているという人も。

しかも33歳フリーターという世間で言えばろくでもない状態でもです。

こんな人でもアピール次第でいくらでも出会うことはできますし、彼女は作ることもできます。

今ちゃんと働いてて所得が少ないと卑屈になる必要はありません。

今必要なのは行動力だけ、トイレの瞬間スマホ開いてポチポチポチっとするだけ、その手間が彼女を作る1歩となります。

コンプレックスでも彼女もセフレもできるモテサイクル加速する方法はこちら