不細工彼女できないから画像修正して場数を踏んだらできた話

自分はブサイクで彼女なんて一生縁がないんだろうと思っていませんか

大学卒業して社会人にもなっても休日1人カップルで歩いている人を横目に悔しさと切なさに押し潰されそう

このまま一生童貞で過ごすんだろうなぁと思うと、この先人生もお先真っ暗コンプレックスの塊で押しつぶされそうになっていると思います。

私、飲食店で長年接客をやっていますが、こいつブッサイクだなーと男ながらに思う男性でも割とカップルでいるということが多くあります。

正直言ってしまうと、やっぱり男は顔じゃないんだなーと。

そんなブサイクな男でも、彼女が出来ている特徴なのですが、非常に笑顔が良くて、そして女性に対してマメなところが挙げられました。

実際私もお世辞にもイケメンとは言わず、むしろ不細工な部類ですが、笑顔を絶やさず、そして気遣いを心がけるようにしてから普通に女性と付き合うこともできますし、色んな女性と関わりを持つことが増えるようになりました。

そんな難しいことはありません。練習する方法もとても簡単です、あとは女性と出会う機会を増やしてしまえばそんなに時間はかからず彼女ができるでしょう。

ブサイクで彼女ができない理由

大きな原因は自分はブサイクだから、彼女ができないという、自らハンディキャップを背負っている、セルフハンディキャップという心理学用語があることが挙げられます。

セルフハンディキャップとは、試験中掃除をしたりすること、これは掃除をしてしまったから、試験がうまくいかなかったという、自分自身に保険をかけることです。

つまり自分はブサイクだから彼女ができないという保険をかけて積極性がなくなっているということ。

イケメンでも行動しなければ、彼女はできません。

今のご時世、草食系男子が増えたということもあり、イケメンでも彼女ができないという男性は多くいます。今はとにかく行動した方が勝ち、勝てば官軍です。

ブサイクでも女性からいい感じに評価をもらえるためには見た目を磨くしかない

自分が不細工だと自覚しているのであれば、身だしなみや見た目を頑張る必要があります。だからと言って高級なブランド服に身を纏うという必要もありませんし、高い高級車を買う必要もありません。別にユニクロでも十分です。

清潔感のある髪型、眉毛ムダ毛処理、ちょっとおしゃれだなーというメガネ、背筋を良くする姿勢。

これだけ気をつければ、不細工でもあっ、この人なんか清潔感があっていいなぁと思われます

清潔感というのは、第1印象において一番重要なこと、これさえクリアしてしまえば女性との距離はぐっと近くなります。

まず何やったらいいか分からないという場合は、髪の毛をさっぱりする、そしてワックスの使い方をある程度覚える、そして眉毛の手入れヒゲの処理、これだけやるだけでも第1印象は大きく変わってきます。

ブサイクだから彼女がいないという前に、女性とコミュニケーションを取る練習をする

ブサイクだから自分は彼女ができないと女性から話しかけるということは、まずありえません。

これはイケメン男性でも、そうそうあり得る話ではないので安心してください。

女性と話しかけるためにも自らすすんで女性に話しかける必要があります。

だからといっていきなり見ず知らずの女性に話をするなんて恥ずかしいし、犯罪者扱いされるかもしれないから怖い。

確かにいきなり歩いている人に気軽に話しかけるほどのトークスキルがあれば、彼女の1人や2人見つかっていると思います。

女性と話すのにも抵抗があるし、恥ずかしい、何を話したらいいかわからないという気持ちはあると思います

やれる範囲から異性と話す機会を作る

まずは普通に女性と会話ができるというところからハードルを下げてみましょう

  • 常連さんが多くいる居酒屋に行く、そして年上のママさんと話をする。
  • 割り切ってガールズバーに行って、若い女性、価値観が違う女性とトークを楽しむ
  • ボランティア活動で、おばちゃんでもいいので、普通に会話をする
  • 地域イベントのボランティアスタッフとして参加する
  • バイトをする余裕があれば、女性が多くいる、バイト先でコミュニケーションを多くとるようにする

リアルで出会う場合は、これらが挙げられます。時間的に余裕があれば、リゾートバイトっていうのもオススメでしょう。

ネットを活用した女性、克服方法

TwitterやInstagram FacebookなどのSNSでメッセージやリプライ、DMなどのキャッチボールができるように頑張ってみる。

その人と仲良くなろうとか付き合おうというのではなくて、女性慣れするためにもメッセージを送って会話がキャッチボール出来て更に女性が喜ぶような文章を書けるようにトレーニングしてみましょう。

これであればちょっとした片手間にこの子可愛いなぁという女性にメッセージを送って会話がちゃんとキャッチボールできるようなことで正解。

これをゲーム感覚でやっていくと、ああこういうことを書くと女性は喜ぶんだなーというようなスキルがちょっとずつ蓄積されていきます。

また自分にSNSアカウントがあればこういうことを呟けば、女性ウケがいいんだなーということも少しずつ分かってくるでしょう。

一気に女性慣れしたいので有れば、マッチングアプリで複数の女性と、まとめて相手を行ない数稽古をこなす

できれば10人以上の女性とまとめて数稽古をこなすというのが一番の克服方法です

映画クローズZERO、桐島ヒロミ役で有名な大東俊介さんも元々は女性慣れしていない人でした今では信じられませんが、女性に克服するために原宿のカフェでバイトしていた経験というのがあります。

つまり一番の特効薬は経験を積むということです。

時には全くレスポンスもなく、自分の容姿に対してディスられて凹むかもしれませんが、10人いれば2人ぐらいは良い評価をしてくれるということもあります。

八対二の法則。

いちいち傷ついていても仕方ありません。

むしろ1人だけのピンポイントの方が傷ついてしまいますが10人いれば1人ぐらいこんな奴がいても仕方ないね。俺の魅力に気づかないバカがいるんだと思えばいいだけ

とにかく場数を踏んでキャッチボールできれば、いずれは出会えるということも、チャンスは広がります

不細工でも彼女を作る方法まとめ

自分はブサイクだと自覚していても、彼女は作ることができる積極性があって、愛嬌がある男性であれば普通に付き合うことはできます。

人1倍見た目というよりは、清潔感を意識した格好は重要まずは美容院や床屋に行って髭を剃ってもらい、眉毛お手入れし、髪の毛はさっぱりしてもらうように。

女性と話す機会を増やせば、それだけ経験値も積むので、年上だろうがタイプじゃなかろうが、色んな女性と話をしして色々なイノベーションを吸収してみましょうそれが糧となります。

マッチングサイトは数稽古をこなすのに最適なツール。

傷ついてもいい感じかもしれないけど、とにかく数をこなして経験値を積めばいずれは出会えたり、彼女が出来るきっかけになります。

今のご時世、女性は待っていて、男性が動かないというある意味チャンスな時代。

今こそ、積極性がある男性の方がモテます。

頑張れば報われる時代、自分はブサイクだからと諦めるには早いと思いませんか?

10位以内ってニュースをすれば、景品がもらえるのに参加者が9人しかいないという状態スタートすらしない人は多い中ですから、いかに今スタートを切るということが重要となってきます。