ワキガでも彼女を作る確実な方法成功例あり

自分はワキガでコンプレックスを抱えている

合う人、合う人遠くからだと割と好感触なのに、接近したら眉間にシワを寄せ嫌悪感を隠せない。

そう、「この人臭い」と思われているのでは…と思い恋愛に一歩前進できない。

うまくデートに誘っても、二度目が無い

そんな経験あると思います。

ワキガは恋愛において、思い鉄球を足に身に着けフルマラソンに出場するくらいハンディキャップを背負っているといってもいいかもしれません。

そんなワキガでも彼女を作ることはできます。むしろその匂いが好きという人も相性によってはあること。

そのためにもちょっと消臭を頑張って出会いの場を増やせばいいだけです。1日歯磨きの時間を増やせばいいだけくらいの努力でです。

徹底消臭・出会いを増やす・場数をこなすこの3つが重要

そうすれば、ワキガでも理想の相手を見つけ、30cm以内に接近することができます。

ワキガでも彼女ができる確実な方法を紹介します。

ワキガだと彼女ができない原因は臭いイコール危険という太古の本能だから

なぜワキガは大抵の人に嫌がられるのかについて簡単に説明します。

人間には記憶というものがあり、はじめに忘れるのは視覚、最後に残るのが嗅覚です。

嗅覚研究所代表の外崎肇一さんはこう話す。「嗅覚は、五感の中で最も〝原始的”なシステム。視覚や聴覚とは、情報を処理する脳の中の 経路が違うのです」

引用:https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/14/091100003/122600011/

つまりは人間の嗅覚というのは「危険を察知する」一番機能する機関であり、匂いは過剰に反応するということ。

思い出を引き起こすトリガーが匂いなのも太古の記憶がそうさせているといってよいでしょう。

そんな敏感な匂いをワキガという「異物」として認識し人は「危険」と察知し。嫌悪感を抱くのがワキガの人が彼女を作りにくい理由なのです。

これは本能的なものであって決して性格や容姿とは関係の無いものなので安心してください。今ではワキガを改善する方法は多々あります。

ですから過剰に凹む必要はありません。ここで知っておいて欲しいのはなぜ臭いは嫌がられるかという理由だけ。

ワキガでも彼女を作る3つの方法消臭・出会いの場・場数

ワキガでも自信を持って彼女を作るのであれば、自分はワキガなのだということを理解し、

  • 人にあっても大丈夫な状態まで消臭を徹底する(可能であれば手術が望ましいですが)
  • 女性とコミュニケーションを取れる場を増やす
  • 女性とコミュニケーションを複数取れる場数をこなす

この3つが重要となってきます。

特に自分はワキガで女性とコミュニケーションを取るのが苦手ということ多いのではないでしょうか。自分は…というコンプレックスによる消極性によって極端に萎縮してしまっています。

これではいい物件なのに事故物件なみのアピールしかできない非常に残念な結果に終わってしまいます。

あなたはちょっと癖のあるチーズ、調理次第では極上な料理に化ける可能性がある一品と思えばいいだけ。

そのためにも上記の3つはこなしてみましょう。

第一印象は肝心消臭は徹底的に行う

第一印象こそ重要なものはありません。

人間中身が大事という言葉がありますが、第一印象が良くないとお話にならない言葉といっていいでしょう。

ピシッと着たスーツと髪型の無職と浮浪者のような格好の社長だとしても前者を選ぶ人がほとんど、それだけ第一印象は重要です。

特に冒頭で書いた通り臭い対策は徹底するのをおすすめします。

  • 人と合う前は必ずシャワーを浴びてアポクリン汗腺から分泌された皮脂を洗い流す
  • 消臭効果の高いデオドラントで制汗と臭い対策(デオナチュレ、海外だとパースピレックス、デオシーク、デオナチュレなど)
  • 消臭効果の高い下着を着用(化学繊維はおすすめしない)
  • マメな制汗シート使用
  • 下着の交換

一般の人よりもケアは必要ですが、マメなケアである程度はケア可能です。

出会いの場を増やす

これはワキガの人だけではなくて、彼女が欲しい!と望んでいる人共通に言えることです。

とにかく女性と交流できる場が無いとお話になりません。女性から積極的に話しかけてくれるようなイージーモードな環境にいれるモデルやジャニーズ事務所に所属していれば話は別ですがまずありえません。

環境は自分で開拓してなんぼ。

サバイバル系動画でもまずは自分でベースキャンプを作ることが重要ですがまさにそのとおり。

女性というライフラインが常に供給される場に身を置くようにしましょう。

ただ「今の環境では出会いのでの字もない」ということも多いですよね。今できるおすすめの方法は

  • 街コン・趣味系パーティーに参加する
  • SNSで自分を発信する
  • マッチングアプリを利用し場数をこなす

この3つが鉄板といっていいでしょう。特にマッチングアプリは、メディアでも注目されており、ラジオでも婚活で出会ったきっかけはマッチングアプリでしたという話を多く聞くようになっています。東京FMを拝聴していればわかるでしょう。

昔こそ怪しい、出会えない、金ばかり出ていくというイメージでしたが、アプリとして一度アップルやグーグルを介すことによってクリーンなマッチングサイトのみ生きるようになっています。

私も利用していますが、ガラケー時代の出会いサイトよりもはるかに出会える確率は上がっていますし地雷も減っています。

ネットで合うなんて…というネガティブなイメージはあるかもしれませんがそれは時代遅れの考えといっていいでしょう。前に進むには新しいイノベーションを受け入れることも必要になります。

彼女を作るためにも場数を踏む

彼女を作るのに失敗しがちなのが、シングルタスクで狙ってしまうこと。

女性は余裕の無い男は嫌がります。

余裕がない=狙っている人が一人しかいない

この人を逃したらまた0に戻ってしまう…

そんなネガティブな考えや行動は女性には筒抜けです。ま

また、場数が少ないと何を話したらいいかわからない、どういう話がウケがいいのだろうというノウハウも少ないため女性に飽きられてしまうこともあるでしょう。

特に傷ついてしまうのが一番キツイと思います。

物事は考え方で、釣り竿一本だけでしか釣りはしてはいけないというルールはありません。

人によっては2本3本と釣り竿を垂らしてヒットを狙う釣り人がいるように、恋愛において複数の女性をアピールすればいいだけです。

そんなやましいこと…

と思うかもしれませんが、付き合っていないのですから浮気でもなんでもありません。

仮に一人だめでもまだ数人いると思えば傷つくことも減ります

「一人減ったけどまだ竿は2本ある」

そう思えば積極性もアップしませんか?

傷つくのを恐れるのを認めて安牌を増やす、これも恋愛において重要なことです。

まとめ

自分はワキガだからといって消極的になればなるほど自信も失い彼女を持つことから遠ざかります。

臭いはいくらでもケア可能、ワキガなら保険適応で手術も可能です。

臭いさえケアすればあとは場数を踏んで、複数の女性をアプローチしていけばいつのまにか彼女ができています。

毎日歯磨きするような感覚でちょっとづつ習慣化していけば隣に彼女が存在するようになっています。